上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちわ、店員です。

先日、神崎珈琲焙煎所の神崎さんと企画した「ヘルシースイーツと珈琲楽飲会」を開催し
ました。

当日は沢山の方々がご来店して下さり、満員御礼の状態となりました。
まず、参加して下さったお客様方へ、心よりお礼を申し上げます。

当企画の趣旨といたしましては、当店のスイーツを召し上がっていただきながら、神崎珈
琲焙煎所オススメ珈琲豆の飲み比べをし、それぞれの豆の味わいを堪能して楽しんでいた
だくものでした。

今回、神崎珈琲焙煎所さんが提供してくださったのは、『パナマハートマン農園』の精製
方法の違う3種類の珈琲とサプライズ珈琲2種類。サプライズということで、店員も内容
は聞かされていないものでした。
まず、店員がスイーツをテーブルに運び、神崎さんの説明ののち珈琲を一種類ずつ順番に
味わっていただくという流れですが、それぞれの珈琲を飲むごとにお客様の歓声が上がり、
最後のサプライズ珈琲を召し上がっていただいた際は、一際大きな歓声が上がりました!
なんと…最後のサプライズ珈琲はコロンビアの『ゲイシャ』でした!珈琲教室で「ものす
ごーく希少な豆」だとは話に聞いておりましたが、まさかそれを実際に目にしようとは…
神崎さん、どのような裏技を繰り出されて入手したのでしょうか…。冗談はさておき、
そのサプライズ珈琲『ゲイシャ』は珈琲の概念を覆すような味わい、神崎さん曰く「フロ
ーラルな香り、まさに秀逸した味わい」とのこと!

ちなみに今回使用したコーヒーカップは神崎さん愛蔵のデカフェ用カップとのこと。ロイ
ヤルコペンハーゲン他の小さくて可愛らしいカップに入ってるだけでも、珈琲が何倍も美
味しく感じられました。

さて、当店のスイーツですが、今回は張り切って2種類用意させていただきました。
・マーマレードとにんじんを甘く煮込んだジャムを練りこんだチョコレート風味のパウン
ドケーキ&イチゴの酵素ジュースソース
・豆腐を使用したチーズケーキ風&ブルーベリーソース
です。

今回の楽飲会は参加して下さったお客様方のおかげで、活気があるイベントとなりました
ことに再びお礼を申し上げます。
神崎さんの珈琲はもちろん当店のスイーツまでお褒めいただき、恐縮の限りですが、今後
一層の努力をし、お客様に喜んで食べていただけるものを提供していきたいと思いました。
そして、駐車場や連絡の関係で、お客様に不快な思いをさせてしまったことを心よりお詫
び申し上げます。今後はそのようなことが無いよう改善いたしますので、今後とも宜しく
お願い申し上げます。

最後に、この企画に賛同し、当日も活躍して下さった神崎さん、どうもありがとうござい
ました!!

こんにちわ、店員です。

昨日、21日に珈琲教室を開催しました。
以下レポです。

内容は、講義を始める前にさらっと季節柄アイスコーヒーの美味しい淹れ方・オススメの豆などを紹介し、通常通りの初級編の講義が始まりました。
今回は珈琲大好きな男性陣も参加し、いい感じに質問を繰り出されていました!
毎回、珈琲の美味しい淹れ方を講義し、実際に淹れていただくのですが、初めて淹れるのはなかなか難しい様子。店員も初めの頃は失敗ばかり繰り返し、神崎さんに教えてもらっていたので、昔(?)を思い出してしまいました。
今回は珈琲をたくさん飲まれる方が多かった為か、試飲の珈琲豆の種類がいつもより多かったです!
まず、コロンビア・カネイ、エチオピア・イルガチェフ、グァテマラ・パカヤリト、マンデリン、風干し(風干しとは精製方法のことで、セラードのバンタノ農園で収穫された豆だそうです)、シャロン農園(セラード)、以上。
ちなみに今回の初級編のケーキは、豆腐と豆乳クリームのティラミスでした。ティラミスのスポンジ部分は、神崎珈琲焙煎所のセラードブルボンピーベリーという深煎りの豆を更に濃い目に抽出したものをじんわり染込ませました。

中級編は先月と同様の内容で、「同じ産地の同じ条件で育った豆を【違う精製方法】で仕上げ、それを同じ条件で焙煎したもの」を飲み比べるというもので、同じ豆なのに精製方法の違いだけでこんなに変わるとは!と一同驚き!でした。
中級編のケーキは、プレーンパウンドケーキに人参とママレードをじっくり甘く煮たものを練りこんで焼いたものをスライスし、両面を軽く焼いてから特製のオレンジソースをかけたものを提供いたしました。
温かいケーキに冷たいソースというのが絶妙な感じでしたが、神崎さんの「これ、冷やして食べても美味しいかもしれませんね!」とのコメントをいただいたので、挑戦してみようかと思います!

さて、今回の中級編で紹介した精製方法(三種類あります)の違う豆「パナマ」ですが、神崎さんのご好意により、6月11日に飲み比べ会を開催することにしましたので、中級編に参加されていない方でも、いつでも当店で飲むことができます♪詳細は次の記事で!

以上、店員のレポでした。
神崎さんのブログでも紹介されていますので、興味のある方はこちらのほうもあわせてご覧いただければと思います。

こんにちわ、店員です。

先週の土曜日、16日に珈琲教室を開催しました。
今回は余裕があったため、ちゃっかり店員も参加してみました。

初級編は少人数のまったりムードな中、コーヒー豆の美味しい淹れ方や保存方法などの基本的なことを教わり、ケーキを召し上がっていただき…、ちなみに今回の初級編のケーキは、干し果物とナッツ各種のチョコレート風パウンドケーキ。甘みは干し果物と玄米クリーム(甘酒)のみなんですけど、しっかりと甘みが全体に馴染んでて、ヘルシーなのに普通のケーキみたいな甘さがあって、美味しい!なケーキです。
…話は講座に戻りますが、まったりムードなため、店員含め受講者の方も質問三昧!神崎さんも一つ一つ丁寧に答えてくださいました(突っ込んだ質問には「それは中級編で!」との返しは絶妙でした!)。

さて、初級編終了30分後に中級編が始まりまして、今回の初級編から続けて参加の方、前回の初級編からの参加の方、いきなり中級編からの参加の方々も集まり、少し活気のあるムードに。
またもや店員も参加させていただきましたが、中級編のみどころは「同じ産地の同じ条件で育った豆を【違う精製方法】で仕上げ、それを同じ条件で焙煎したもの」を飲み比べるというもの。打ち合わせの時に聞いて、かなりテンションがあがったのですが、実際に神崎さんの説明とともに豆を見て、挽きたての豆の香りの違いを比べ、さらに淹れたての珈琲の香りを嗅ぎ、味わう。なんとも贅沢な時間でした。
講座の話で後付けになってしまいましたが、中級編でのケーキは、イチゴとトマトのタルトでした。チョコ風味のサックリタルトにじっくり煮込んだイチゴジャムに熟したトマトを乗せたものでしたが、参加者の方々に大好評で、とっても嬉しかったです☆
ケーキのほかには初級~中級を通して、数種のクッキーも召し上がっていただきました。

さて、今回の中級編で紹介した精製方法(三種類あります)の違う豆「パナマ」ですが、神崎さんのご好意により提供していただいたので、中級編に参加されていない方でも、いつでも当店で飲むことができます♪

以上、店員のレポでした。
神崎さんのブログでも紹介されていますので、興味のある方はこちらのほうもあわせてご覧いただければと思います。

2010.12.02 珈琲のススメ
本日、当店で提供しております「神崎さんちのコーヒー」の神埼さんが来店して下さりました。
そこで、神崎さんにコーヒーの美味しい淹れ方や、珈琲豆について色々とお話をお聞きしました。

神崎さんは、脱サラして珈琲焙煎所を自宅に開く程の珈琲好きで、世界各地から美味しい珈琲豆を探し出して、当店などに自家焙煎した一番良い状態の珈琲豆を提供して下さっております。
当店ではブレンドしたものはなく、各地の地名の珈琲を提供しておりますが、毎回同じ地域の豆が同じく良い状態で提供されるとは限らないので、仕入れる時点で良い状態で美味しい豆を紹介してもらって、それがお店のメニューに載ることになるので、次に来店したら前に飲んだ珈琲は無いという状態になることもあります。しかし、同じものでなくても、常に美味しい珈琲を飲むことができるので、メニューを開いた時に、飲んだ事の無い珈琲があれば、是非ともチャレンジしてくださいね☆

話は戻りますが、珈琲はいつもオーナーが淹れていて、店員はほとんど淹れる機会も無く、淹れ方のみを学んでいたのですが、上記の神崎さんの珈琲に対する熱いお話を聞き、自分で美味しい珈琲を淹れたい!と決心し、神崎さんに淹れ方を尋ねたところ…
道具の時点でNGでした…(T_T)
オーナーは道具のコツを上手くつかんで、美味しい珈琲を淹れていたようですが、素人には使いにくいものだそうで、閉店後、即行道具探しの旅に出ました。
普段から珈琲を全く飲まない店員なので、他のドリンク類を強化していましたが、珈琲の奥深い世界に触れ、珈琲についてもっと知りたいと思った次第でございます。

そこで、神崎さんから『珈琲講座』を当店で開催してみようか?との提案を受け、人数が集まったら神崎さんを講師に『珈琲講座』を開催しようと思います。
珈琲の歴史や種類を、美味しい珈琲の淹れかたを学んで店を出る頃には、いつもと違った風景が見られるかもしれません!(…大げさですが)
この『珈琲講座』は、詳細が決まり次第、正式に別枠でアップさせていただきますので、お楽しみに!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。