上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちわ、店員です。

昨日、21日に珈琲教室を開催しました。
以下レポです。

内容は、講義を始める前にさらっと季節柄アイスコーヒーの美味しい淹れ方・オススメの豆などを紹介し、通常通りの初級編の講義が始まりました。
今回は珈琲大好きな男性陣も参加し、いい感じに質問を繰り出されていました!
毎回、珈琲の美味しい淹れ方を講義し、実際に淹れていただくのですが、初めて淹れるのはなかなか難しい様子。店員も初めの頃は失敗ばかり繰り返し、神崎さんに教えてもらっていたので、昔(?)を思い出してしまいました。
今回は珈琲をたくさん飲まれる方が多かった為か、試飲の珈琲豆の種類がいつもより多かったです!
まず、コロンビア・カネイ、エチオピア・イルガチェフ、グァテマラ・パカヤリト、マンデリン、風干し(風干しとは精製方法のことで、セラードのバンタノ農園で収穫された豆だそうです)、シャロン農園(セラード)、以上。
ちなみに今回の初級編のケーキは、豆腐と豆乳クリームのティラミスでした。ティラミスのスポンジ部分は、神崎珈琲焙煎所のセラードブルボンピーベリーという深煎りの豆を更に濃い目に抽出したものをじんわり染込ませました。

中級編は先月と同様の内容で、「同じ産地の同じ条件で育った豆を【違う精製方法】で仕上げ、それを同じ条件で焙煎したもの」を飲み比べるというもので、同じ豆なのに精製方法の違いだけでこんなに変わるとは!と一同驚き!でした。
中級編のケーキは、プレーンパウンドケーキに人参とママレードをじっくり甘く煮たものを練りこんで焼いたものをスライスし、両面を軽く焼いてから特製のオレンジソースをかけたものを提供いたしました。
温かいケーキに冷たいソースというのが絶妙な感じでしたが、神崎さんの「これ、冷やして食べても美味しいかもしれませんね!」とのコメントをいただいたので、挑戦してみようかと思います!

さて、今回の中級編で紹介した精製方法(三種類あります)の違う豆「パナマ」ですが、神崎さんのご好意により、6月11日に飲み比べ会を開催することにしましたので、中級編に参加されていない方でも、いつでも当店で飲むことができます♪詳細は次の記事で!

以上、店員のレポでした。
神崎さんのブログでも紹介されていますので、興味のある方はこちらのほうもあわせてご覧いただければと思います。

スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。